あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

労働市場

育休支援よりも、多様な働き方を認める取り組みをはじめよう

雑誌インタビューを受けた関係から派生して、というかまあ思考が拡散して、ぽちぽちとネットを散歩していました。そしたら面白いグラフがあったのですが、少々古い。まあ、既存の公開されているグラフをいじっても面白くないので、その元データにまで行って…

何度も思い出しなおす、「等価交換」について読んだ文章のこと

どこでどんな媒体で読んだことなのかまったく覚えていないのですが、時折思い起こしてしまう文章があります。正確なものは忘れているのですが、こんなことが書かれていました。もしかすると、私が何かを足してしまっているかもしれません。等価交換というも…

新卒で入るなら日本企業?外資系企業?

先日、ターミナル駅からJRにのって、某所のクライアント先に向かっていました。車内はちょっと混んでおり、隣のカップルの話し声が聞こえてきます。かっちりとした細身のスーツの若い二人。聴くともなしに聞いていると、お互いに丁寧語で話しています。そ…

レモンマーケット論(3):日本企業にとって優秀な人材って?

前回、前々回の続きです。前回までの記事はこちら。 レモンマーケット論:65歳まで雇用する会社と、即解雇会社に二分される日本 - あしたの人事の話をしよう レモンマーケット論(2):なぜ労働市場がレモンマーケットになるのか - あしたの人事の話をしよう…

レモンマーケット論(2):なぜ労働市場がレモンマーケットになるのか

執事と化した正社員たち、を書くつもりでしたが、「レモンマーケット論」とタイトルしてしまったので、少し続けます。レモンマーケットとはググればわかりますが、簡単にいうと「買い手が粗悪品をつかまれやすい市場」という意味です。結果としてその市場で…

レモンマーケット論:65歳まで雇用する会社と、即解雇会社に二分される日本

今朝の日経新聞の社説が、ちょうど前回までのこのブログ記事と論調の一部が一緒だったので、熟読してみました。ちなみにブログ記事はこちらです。 なぜ転職はあたりまえになっていないのか(1) - あしたの人事の話をしよう なぜ転職はあたりまえになってい…

なぜ転職はあたりまえになっていないのか(3)

個人にとって、転職はあたりまえではない。でも転職市場を形成するくらいには転職する人がいる。だから、会社は「仕事を人に貼りつける」ことが出来ている状態のまま、人材入れ替え可能性を用いた「給与の固定化」という選択が可能になっています。結果とし…

なぜ転職はあたりまえになっていないのか(2)

あらためて調べてみると、転職するときには気をつけなさい!、というメッセージが数多く発信されています。興味深いのは、そういうメッセージを発信している人は、「元」人材紹介会社の人に多い。営業の現場にいる間に言えなかった思いがこぼれてきているの…

なぜ転職はあたりまえになっていないのか(1)

転職ってあたりまえだよね、と思っていたのですが、どうもそうではないな、と最近気づき始めました。私が勘違いしていた理由は三つあるようです。第一に、私が所属しているコンサルティング業界では転職があたりまえだった。第二に、シンクタンク時代に中堅…

宝くじの売れ行きからわかる、今年の景気動向

ふと興味を持って、宝くじの構造を調べました。ソースは、総務省の宝くじ活性化検討会報告書(平成23年)です。年間の売上高は約1兆円前後へー、こんなに売れてるんだ、って思ったわけです。じゃ、どれくらいが当選金として、買った人に戻っているのか。…