あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

中国視察記 1 総合

先日、四泊五日の短い日程ではありますが中国に行ってまいりました。

行程と目的は以下のようなもの。

黄島  宿泊:黄島藍海金港大酒店

     目的:某企業の工場視察

青島  宿泊:青島万達艾美酒店(メリディアン)

     目的:日本から進出した飲食店経営者インタビュー(二店舗)

上海  宿泊:上海浦西洲際酒店(インターコンチネンタル 駅前)

     目的:日本から進出した飲食店経営者インタビュー(三店舗)

         上海のコンサルティング会社往訪

         マーケティング調査

所感はいろいろありますので今後アップしてゆきます。

今回の行程アテンドは、中国駐在員の弟夫婦にお願いしました。

その結果、はからずも中国の三つの側面が見えたと思います。

一つ目は発展途上の中国です。

最初に入った黄島は青島郊外の開発地域。大きな工場と開発中のリゾート、それ以外は街の中心部を除けば

建設機械が入った開発途上地区が目立つ街です。

二つ目は、歴史ある街としての一般的な中国です。

次に訪れた青島市内はドイツ租界の面影がある古い街です。

ビールが有名ですが、私の記憶にある15年前の北京とかこんな感じだったような。

三つ目は、世界の先進都市としての中国です。

上海。12年ぶりに訪れました。

写真や映像では見ていましたが、直接見るとさらにびっくりしました。

少なくとも大阪よりはだんぜん活気があります。

日本の中で、上海より活気がある街は存在しないのでは、とすら思えます。

最後に関西空港におりる飛行機の中で、海外から帰ってきて初めての思いをいだきました。

中国に比べて、日本の夜は暗い。

震災から間がなかったとか、上海は万博の直後だから、とかいろいろ理由はあると思います。

しかし機窓から見える日本の夜景が、暮れゆく未来を思わせるようでさびしくもあり、

もう一度夜明けを!という気持ちにもさせてくれるものでした。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)