あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

自分の本のボツ原稿をぼちぼち掲載してみます(1) 私の本をとりあげていただいている書評紹介

いろいろな方がブログなどで私の本を紹介してくれているのに、私は自分の本について宣伝していないなぁ、ということに気づきました。
で、まずは私の本を紹介してくれているブログや書評などをピックアップしてみました。
現時点で知る限り、以下のブログなどで私の本が紹介されています。
これ以外にも、安藤美冬さんをはじめとしていろいろな人にツイッターでつぶやいていただいています。
安藤美冬さんのツイッター 2012年12月23日
https://twitter.com/andomifuyu/status/282529415655718912

以下書評リンク。

マインドマップ的読書感想文(2012年10月23日)
【給料UP?】『うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ』平康慶浩
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52043067.html

[書評]「うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ」から学ぶ給与を増やす5つのポイント(2012/10/30(火) )
http://goldtumitate.blog41.fc2.com/blog-entry-910.html

リフレッシュコミュニケーションズ 2012-11-01
http://ameblo.jp/arrows77/entry-11393688042.html

ビジネスブックマラソン 2012年11月4日
http://eliesbook.co.jp/review/2012/11/%e3%80%8e%e3%81%86%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8a%e4%b8%80%e7%94%9f%e5%b9%b4%e5%8f%8e300%e4%b8%87%e5%86%86%e3%81%ae%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3/

【ビジネスの書棚】vol.23 【更新日:2012.11.13】
「一生年収300万円の会社」にうっかり入ったら、どうすればいい?

http://careerconnection.jp/biz/bizbook/content_666.html
http://news.nicovideo.jp/watch/nw428761
(上記と同じ記事ですが、ニコビデオでも取り上げれていて、コメントもついています)

でんホームお客様相談室竹内正浩の研究ノート 2012/11/14
http://www.denhome.jp/mt/2012/11/14/1493

ビジネス選書&サマリー★プロ厳選!30秒で読んだフリ 2012年11月20日~23日
http://www.ml-partner.com/backnumber/detail/39262/

アクションプラン的読書感想文 2012-11-21
http://ameblo.jp/tomohiro-yoneyama/entry-11409271821.html

山中俊之のキャリア実践道場 2012-11-29
http://ameblo.jp/gyoukaku-yamanaka/entry-11424783620.html

HRMマガジン 人事担当者のためのウェブマガジン  書評 2012.12
http://hrm-magazine.busi-pub.com/books1212.html

介護で地方を活性化させる社長のブログ! 
http://ameblo.jp/kahokucare/entry-11417417148.html

税キュレ(仙台の税理士、岩松正記さんの編集) 2012年12月4日
http://blog.livedoor.jp/iwamatsumasaki/archives/6118219.html

一言二言の読書感想文 2012.12.6
http://plaza.rakuten.co.jp/paulbooks/diary/201212060000/

ミルミルのOTAKUな株式投資 blog 2012年12月08日
http://blog.livedoor.jp/mujinakko_2009/archives/52043135.html

高学歴低収入OLの節約・副業・投資日記 ~わらしべ長者になりたくて 2012年12月17日
【うっかりをしたたかに】平康慶浩「うっかり一生300万円の会社に入ってしまった君へ」
http://bookjunkergirl.blog.fc2.com/blog-entry-432.html

おいらとJazzと探偵小説(ミステリ)と 2012年12月25日
http://maiumy.exblog.jp/18289596

日経ウーマンオンライン
給料を増やし続ける具体的方法とは 2012年12月25日
『うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ』平康慶浩
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20121220/142362/?rt=nocnt

うっかり一生年収300万の会社に入ったあなたへ。給与を増やす3つの仕事術(イケダハヤト) (2012年12月27日)
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/19230
http://blogos.com/article/53029/

パワーアップ読書! 2012年12月28日
http://honyonderu.blog28.fc2.com/blog-entry-2653.html

【VIVA! そらまめ商会】管理人大山の日記
「うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ」 2012年12月29日
http://ameblo.jp/soramameshoukai/entry-11437454818.html

M's Field
うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ 2013年01月02日
http://blog.livedoor.jp/msfield/archives/3659927.html

明日の風向きをかえる 2013年1月5日
http://7toku.blog62.fc2.com/blog-entry-1031.html

読書メーター 2012.10月~
http://book.akahoshitakuya.com/b/4492261052

25件。他にも見逃しがあるかもしれません。
友人知人もいらっしゃいますが、ほとんどが知らない人です。
それだけの人に読んでいただき、好意的な感想を書いていただけたのは本当にありがたいことです。また、これをきっかけとして知り合うことができた人も大勢いらっしゃいます。

ともあれ、これから何回かにわけて、「うっかり300万円」のハイライトなどをご紹介していきたいと思います。
というより、まあ同じ文章を載せても仕方がない(できれば買って読んでほしい)ので、没になった文章の方を載せてみたいと思います。
この本、234ページありますが、実は最初は300ページ近かったのです。
グラフとかもいろいろのせてましたが、それだとわかりにくい、ということで、構成も変えたりしました。
ゲラの時点で60ページほど削ったのはなかなかできない体験でした。

ちなみに書き始めた最初の冒頭は、こんな始まり方でした。

*************************************
はじめに 君の給与はもう増えないのか

一九九〇年台後半、年功序列は悪、だと誰かが言い始めた。
 
 バブル景気が崩壊し、一流企業を含む多くの企業が倒産した。企業はこぞって投資を抑制していた。投資どころではない。かつて購入した資産の含み損や、破たんした投資案件をどのように処理すべきかで必死だった。
 もちろん新卒採用は抑制された。激減した収益に対して、従業員の多さはあまりにも不釣り合いだったからだ。
 特にバブル期入社の社員たちが企業にとっての大きな負担となっていた。なぜなら、年功序列で昇給する仕組みの中では、彼らの将来の給与が膨大な人件費になることがわかっていたから。バブル前なら、日本全体が成長していたので、人件費はあまり抑制することは考えられていなかった。しかしこれからは、成長の余禄を楽しむわけにはいかない。限られたパイを企業の中の皆で分け合わないといけない。ならば、優秀な人、結果を出した人に多く配分しよう、という理屈が一気に広がった。

 そして、目の前の限られた利益を『効果的』に配分するために、成果主義人事制度が導入された。
 あわせて、目の前の赤字を消すために、高い所得の高齢層のリストラが敢行された。
 聖域と言われた『人事』は消えて、人はただのコストになった。

*************************************

なんか暗い感じですね。
これを変更して、「はじめに」のタイトルも「給与を増やすためのルールを知ろう」に変更したのです。

ぼちぼちですが、紹介してゆきます。

 

うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ

うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)