あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

ベストセラーのタイトルを分析してみたらこんなことがわかった

f:id:hirayasuy:20140526004856j:plain

 

572冊のベストセラー(過去1年半から抽出)のタイトルを、テキストマイニングで分析してみました。

ぶっちゃけてしまえば、kh-coderというテキストマイニングツールを使って、簡単な単語の抽出をしただけですが。

 

それでも案外面白い結果が見えたような気がします。

以下、品詞別に結果を示してみましょう。

 

 

■ 名詞

ベストセラーにはまあたいてい名詞が含まれています。たまに動詞や形容詞だけのタイトルもあったりしますけどね。

 

ベストセラーに使われている名詞のトップ5を紹介します。

 

1位:世界 

2位:技術

3位:方法

4位:人生

5位:ビジネス


それっぽいですね。

ちなみに名詞は他の品詞に比べてロングテールな結果が出ています。

上記の5つの名詞が占める割合はおよそ10%。

逆に、ベストセラーの50%以上では、ほとんど異なる名詞が使われています。

オンリーワンな名詞に限っても、21.3%です。つまり、ベストセラーのうち、5冊に一冊は、売れそうな名詞を使っていないということになります。

となれば、どんな名詞を使うべきか、ということにはあまりこだわらなくてもいいのかもしれません。

 

 

■ サ変名詞

意外に重用なのがサ変名詞でした。

サ変名詞というのは、簡単に言ってしまえば「〇〇する」という使い方のできる名詞です。

トップ5は次のとおり。

 

1位:仕事

2位:経営

3位:成功

4位:起業

5位:投資


トップ5は全体のおよそ20%を占めます。

実はロングテールも同じ割合あって、これも20%です。種類は608もあります。「批評」「冒険」「出世」といったキーワードが並びます。

 

ここまでのキーワードで適当にタイトルをつくるとしたらこんな感じでしょうか。

 

「世界で仕事する」

「技術経営で成功する方法」

「人生で成功するための投資」

 

これらは陳腐にすぎますけれど、まあこんな感じのタイトルって多いなぁ、って感じますよね。

 

 

■固有名詞

意外と少なかったのが固有名詞。

統計ソフトの関係で、その他品詞に分類できなかったものがここに属しています。

第一位は「ハーバード」

第二位は「ソ」……いみわかんないですね。

まあ、ハーバードってついてれば売れるようです。

 

 

■形容動詞

これは5位にたくさん並ぶので、3位までにしておきます。

3位は同率で二つあります。

 

1位:大事

2位:シンプル

3位:意外

3位:必要

 

ここまで含めるとタイトルはこう変わるでしょうか。

 

「世界で仕事するシンプルな方法」

あ、売れそう。

「起業のためには技術に投資することが必要だ」

とかもキーワードをくっつけただけのものですが、それっぽいですね。

 

 

■動詞

これはわりと強い。

トップ5は以下のとおり。

 

1位:学ぶ

2位:変える

3位:語る

4位:動かす

5位:教える/売れる(同率5位)


ここまででおよそ21%です。

ただまあ、ロングテールもやはり多くて、オンリーワンのキーワードだけで107種類、20%になります。

「流行る」「目覚める」「踏み出す」などがロングテールに属します。

 

 

■極端に強い品詞群「ひらがな動詞」「副詞」

 

これはトップ1に極端に偏っているものです。

 

ひらがなの動詞だと

 

「する」

 

これが圧倒的に強い。

 

副詞だと

 

「なぜ」

 

というものです。

 

 

トップキーワードだけくっつけるとこうなります。

 

「なぜ世界で仕事するのにハーバードで学ぶことが大事なのか」

 

こんな本があったらベストセラーになる可能性が高い、ということが統計的に出ているわけですが、いかがなもんでしょう。

なんか、タイトル自体が出オチになっている気もしますが。

 

 

以下、意外に使えない品詞類です。

 

■人名

意外にこれがヒットしない。

カーネギーとか、稲森和夫とか出ていますが、統計的には有意ではありませんでした。

 

 

■組織名

これも人名同様に弱い。

ソニー、NHK、JAL、VW(フォルクスワーゲン)などは出てきますが、どれも統計的には弱いです。

 

 

■地名

全米がトップ。次に東京とアメリカが続きます。

でも、これらも統計的には有意ではありません。

 

 

 

 

まあ、ご参考までに。

 

 

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)