読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

OJTで部下を育てることは4つのことを思い出させること

部下に職務を与え、伸ばそうとすることはすべての管理職の役割だ。

 

昨日書いた記事でも少し言及したけれど、


部下育成は管理職にとって「心地よい習慣」になる。

特別に意識せずともできるようになる。それが部下の育成という職務だ。

 

ルーチン業務についてやらされ感を感じている部下に対しては、それが心地よい習慣になるように、働きかける。

目の前の多種多様な仕事に追われている部下に対しては、仕事の全体像を知らしめ、挑戦的な企てとして意欲を高める。

 

今回の記事では、そうして高まっていく部下の資質について、ゴールとなる指針を示そう。

前回に引き続き、Parrish&Wilsonの提言から、セレクションアンドバリエーションとしてビジネスに意訳してみる内容だ。

その指針は4つある。誰もが持っている4つのことを思い出させればよい。

 

 

第一の指針:意志を持つことを思い出させる(Intent)

 誰でもビジネスパーソンとしての最初の時には、意思を持っている。自分の将来を考え、なりたい理想像を描き、力を発揮したい職務を考える。

 しかし現実のビジネスの世界に入ると、他人からの働きかけで動くことが多くなる。もちろんあなたの指示通りに動かす場合も同様だ。それが教育的指導であろうとも。

 そうして多くの人は、日々の習慣に埋没することになる。

 上司である経営者、管理職は、そんな部下たちに、自分自身の「意志」を思い出させなければいけない。

 

 ・なぜ働いているのか。

 ・何のためにその仕事をするのか

 

 前回記事で示した①→③、②→④の職務の改革は、意志を思いださせることに向いている。

 無意識に経験した職務と、意志をもって経験した職務では、経験の質が大きく異なる。同じ経験をするのなら、そこに意志の存在があることを思い出させなくてはいけない。

 

 

第二の指針:そこにいることを思い出させる(Presence)

 もし意志を持てない部下がいたら、どうすべきか。

 その時には、ひとりではない、ということを思い出させなくてはいけない。

 まず、自分自身がそこにいる。そして上司であるあなたもそこにいる。同僚やその他の人々もそこにいるだろう。

 いる=存在するということは、影響を与えるということだ。自分が望むと望まざるとに関わらず、人は他人に影響を与えている。

 自分自身がそこにいる、というあたりまえのことを思い出さなくてはいけない。

 そうすれば、他人がそこにいる、ということも思い出すことができる。

 上司であるあなたは、彼自身の存在を認めるのにもっとも適した位置にある。

 単純な方法でそれは実現できる。

 

 ・笑顔を向ける

 ・暖かい声をかける

 ・相手の話を聞く

 

 

第三の指針:受け入れることを思い出させる(Openness)

 ビジネスの場面では、常に状況は変化してゆく。今日は昨日と大差なかったとしても、金曜日は月曜日とは異なるだろうし、月末は月初とは異なる。1月と4月は異なるし、繁忙期と閑散期はまた異なるだろう。

 変化することは変えられない。だとすれば、そのことを受け入れなければならない。

 日々に慣れ親しみ習熟した人ほど、変化しているということを忘れがちになる。

 変化していることを、変化していないこととしてとらえるようになってしまう。

 何が変わったのかを意識して話してみよう。

 そうして、変化したことで、自分たちの職務がなにか変わるのかを話してみよう。

 変化を変化として理解し、受け入れることができるようになれば、楽しむことができるようになる。

 それは季節の違いを光や音や温度で知ることと似ている。肌寒くなればもう一枚の服を羽織るだろうし、汗ばむようになれば薄手の生地を着るようになる。

 僕たちは変化している世界に生きていることを、ビジネスの中でも思い出さなくてはいけない。

 

 

第四の指針:信頼することを思い出させる(Trust)

 まったく信頼できない人とともにいることはできない。

 でも、信頼することなしに、信頼されることもない。

 だからまず、上司として、経営者として、管理職として部下を信頼しよう。

 「良い結果が生まれることを信頼し、疑念を保留し、辛抱強く、直近の報酬がなくても関与し続けられること(※)」はまず上司にこそ求められる。

 「困難な状況に置かれても、好転する可能性を信頼し、期待感を持って精神的・感情的にコミット(※)」する。

 「期待通りの結果が得られなかった時には寛容の心で接し、状況が修復できることをも信頼する(※)」こと。

 上司であるあなたがそうして接することができれば、部下は人を信頼することを思い出せる。

 

 OJTの中で、職務を通じて人を育てるということは、ただ与える仕事の質を変えればよいわけではない。

 職務を通じて部下に接する上司の意識と行動を変えることだ。

 それは、上司であるあなた自身にしかできない。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)

 

 

※鈴木克明「学習経験の質を左右する要因についてのモデル」より引用

 

 

**************************

 平康慶浩が直接、貴社の人事のお悩みに応えます。

 人事制度無料相談会のご案内はこちらから。

    東京開催のご案内

    大阪開催のご案内

 現在、2015年1月のご予約を承っています。

 2月日程については現在調整中。

**************************