読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

「出世本」の韓国語版が出ました

2014年10月に出した僕の本が、ちょうど昨日(2015年4月22日)、韓国でも出版された。

写真のイラストがなんかすごい。

日本語のタイトルは「出世する人は人事評価を気にしない」で、韓国語はほぼ直訳のタイトルになっている。

f:id:hirayasuy:20150423185808j:plain

出版社のサイトアドレスも貼っておこう。

ナラウォンという出版社らしい。

도서출판 나라원에 오신 것을 환영합니다.

本そのものももうすぐ僕のところにも届くらしいので、ちょっと楽しみだ。

韓国語翻訳版のデータはワードファイルでもらっているので、中身は知っているのだけれど、やっぱり形になっているものを手にとるのは嬉しい。

 

ちなみに人的資本棚卸しシートの文言を翻訳してくれたので、実はセレクションアンドバリエーションのホームページからダウンロードできたりする。

 

実はそのやりとりの際に、シートの修正を依頼された。

日本語版では「新卒~24才」「25才~29才」という区分になっているのだけれど、これを「新卒~29才」にしてほしい、というものだった。

 

なぜだかわかるだろうか?

 

答は「徴兵期間があるから、韓国で働き始めるのは26才前後が一般的」だからというものだ。

 

隣の国なのにずいぶんとキャリアの積み方も違うんだなぁ、と、ちょっと驚いた。

貴重な20代の数年間を軍隊ですごすと、そのあとのキャッチアップも大変だろう。

そんな韓国のビジネスパーソンたちに、僕の本が多少なりとも役にたてばいいのだけれど。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)