読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

年功昇給がどれくらい減ったかをグラフで確認してみた

年功昇給といわれるものがなくなりつつある、と言う話は僕たち人事業界の人間にとってはあたりまえのことなんだけれど、それを示す公的なデータがないものかと考えてみた。

で、困ったときの賃金構造基本統計調査、ということで、2001年~2014年までの全データをダウンロードしていろいろといじってみた。

昔はたしかに年功昇給だったんだなぁ、としみじみ思ったのがこのグラフ。

f:id:hirayasuy:20150711154333j:plain

※賃金構造基本統計調査より、従業員100名以上企業、大卒男女合計

 

 

給与はずっと上がり続けているし、いわゆる万年平社員、万年係長でも、残業代を含めた平均年収で800万円以上になってる。

なるほどなぁ。

こんなんだったら、昭和の時代はどうだったんだろう、とか思ったけれど、ネットではここまでしかデータがとれない。昭和33年から調査しているはずだから、昔のデータもあるはずだけれど、多分紙媒体でしかないんだろう。

 

で、最新データの2014年版だとこうなった。

f:id:hirayasuy:20150711153403j:plain

 

役職者は45~49歳の段階で給与が下がり始めてる。

そして課長以上の役職についていないと、年収800万円は超えない。

 

ということで、公的データからも、年功昇給が消えつつあることは確認できたわけで、40才以上になったらぼちぼち自分自身の今後について考えてみる必要性が高いことがわかると思う。

 

ただ僕の実感から言えば、この世代の人たちにそれを言ってもあまりわかってもらえないんだよなぁ。

なんとなく「実力を高めれば大丈夫」とか思っている感じがすごくする。

そういう人たちって、若いころは「団塊の世代うぜぇ」「実力ある若手(=自分たち)に責任をまかせろ」とか広言してきたわけなんだけれど、いざ自分が「バブル世代うぜぇ」って言われだしてもなかなか気づけない。

まあ僕もその一人だったりしたわけですが。

 

年功が消えていくということは、ちょうど40代以上の僕たち世代が「会社にはいらない」と言われ始めるということだ。

それは部長級であっても同じで、さらに役員になったところで62歳とか65歳とかで「さようなら」、と言われたらそれまでだ。

実力で判断されるのではなく、仕組みとして不要と言われ始める、ということが脱年功の実際なのだ。まあ、そういう仕組みを作る仕事が人事コンサルタントなわけで、マッチポンプと言われればその通りなんだけれど、それでも環境変化や企業戦略の変化がそれを要求するから仕方がない。

だから僕はいろいろな研修で、「『変化』に『いいね!』と言えるようになってください」と話す。そうすれば少なくとも、変化に置いて行かれることがなくなるからだ。

 

とまあ、なんでこんな分析をしたかと言えば、2015年9月号(たしか7月25日発売)のビッグトゥモローと言う雑誌から取材を受けたからだ。

僕はざっとした環境変化について聞かれたくらいで、具体的にどうすべきか、ということについては、いろいろな専門家のみなさんが答えている。

キャッチーな雑誌だけれど、今回の記事はかなりおもしろいので、ぜひ手に取ってみてほしい。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)

 

 

僕の話が聞ける、直近のセミナーなどはこちら。

(東京開催)

 

(大阪開催)

<定額制>管理職が成果を出すための<目標管理>実践術 : SMBCビジネスセミナー定額制クラブ(関西): SMBCコンサルティング(三井住友銀行グループ)

(仙台開催)