あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

プレイヤーからマネジャーになる「べき」とき

日経スタイルの記事が更新された。

style.nikkei.com

 

今回は出世の中でも重要な、視点の切り替えについての具体的な話だ。

仕事ができる人ほど、ついついプレイヤーとして活躍したいと思ってしまう。

けれどもそうしている限り、組織は決して大きくはならない。

そして組織が大きくならなければ、出世のためのポジションは、誰かを蹴落とさない限り手に入らなくなる。それはあまりにもばかばかしい。

 

組織を大きくして、自分も先輩も後輩もみんな幸せになるべきだ。

そんな出世のためにも、自分がプレイヤーからマネジャーになるべきときを見誤らないでほしい。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)