あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

タイトルがなんとも

 毎度おなじみ日経スタイルの連載。

style.nikkei.com

 

分業に対する疑問を呈した記事なのだけれど、タイトルが難しかった。

そしてやっぱり変更になってる。

原題は「人生100年時代には、会社が指示する分業を疑う」というもの。

これはこれでイマイチだ。

短い文章で本質をつくのは、なんとも難しい。

 

ちなみに蛇足として書いておく。

僕の記事は分業を否定している。けれどもそれに対する反論はもちろんあって、得意なことに特化しなければ成長しづらい、というものなどがある。

それらは、行ったり来たりするものだと考えている。

グロービスの講義でも言っているのだけれど、特に社会科学領域では、誰かが示した意見をうのみにしない方がいい。疑問をもって反論し、そして自分のものにした方が良い。

 

さて、来週は何を書こうか。

 

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)