あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

「賃金カーブ」公開サイトに気をつけよう

そういえば先日公開した日経スタイルの記事の最後に、こういう文章を書いた。

 

気をつけなければいけないのは、インターネットで検索することです。「賃金カーブ ●●●●(会社名)」で検索して出てくるサイトがありますが、実はこのサイト情報は正確ではありません。厚生労働省が公開している業界平均の賃金カーブを前提として、そこに各社が公開している平均給与額をかけあわせたものをその会社の賃金カーブとしているからです。実際の賃金カーブは会社によって大きく異なります。インターネットで検索するときは、時間はかかりますが口コミサイトの情報を踏まえて、自分で賃金カーブを作成してみるなどの手間をかけた方が実態に即したものができるでしょう。

 

これらのサイトは本当に困るのだ。

だってそれを鵜呑みにして「うちの会社の賃金カーブもこうしてくれ」という社長がいたりするから。

 

大手がそうしているから。

ライバル企業がそうしているから。

そんな勘違いがそこに生まれてしまっている。

 

いや、大手もライバル企業も、そんな賃金カーブは使っていません。WEBに「公開?」されているこれらのデータは、どちらかといえば、人事制度を20年前とか30年前から変更していない、成長していない企業の平均値に近いですよ。

そう伝えても「だってWEBに公開しているじゃないですか」とわかってもらえない場合もある。

 

これからさらに成長しようとしている会社にとっては、業界平均というのは悪しきモノサシでしかない。

そんなものを気にするより、自社を取り巻く環境はどういうもので、どういう戦略をとるべきか、そこで求められる給与の決定方法はどういうものなのか、という風に考えていってほしい。

 

それだけ説明してもなお「WEBで公開されてるじゃないですか……」という返事が返ってきて、頭を抱えてしまうこともあるのだ。

 

だからその公開情報はほとんど「統計のウソ」なんだってば。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)

 

「手取りが減るから課長になりたくない」は死語になる

日経スタイルの連載で、大きな常識の変化を書いた。

 

style.nikkei.com

 

「手取りが減るから課長になりたくありません」という言葉が使われなくなっていくだろう、ということだ。

 

複数の省庁を巻き込んだ働き方改革の進み具合は素晴らしく、現実に残業は大きく減っている。

だから、課長にならなきゃ年収が増えない時代は目の前にある。

 

もちろん、働いた分だけちゃんと残業代を支払う会社も同時に増えているので、会社によっては残業時間が減るけれど手取りが増えている、という場合もあるだろう。

けれどもそれも時間の問題だ。

経営者側が本当に生産性向上に投資を始めたら、残業をすること自体を認めなくなるからだ。せっかく投資してるのにそれを無視する従業員がいたとしたら、それは腹立たしいことでしかない、と経営者は考える。

だからまっとうな会社は残業ゼロに向かって進むだろう。

 

その後のストーリーも想像できる。

人事制度的には、多分、給与の底上げが必要になる。

なぜなら、残業代が支払われる前提で給与水準を設定していた企業も多いからだ。

たとえば典型的な居酒屋チェーンでは、残業40時間でまっとうな給与水準になるように設計していたりする。

しかしこの40時間分がそのままパートタイマーに置き換わる可能性もある。

そうして残業代のない定額の給与だけが支払われることになる。

 

それは、生活にちょっと困るくらいの水準なのだ。

 

店長になればそれなりの給与水準になる。しかしその前段階では、残業して頑張るか、あるいは店長を目指さないといけないような給与水準に「あえて」設定していたりするからだ。

 

それらの仕組みが崩れていく。

だから「給与の底上げが必要になる」のだけれど、実際に全ての会社がそうするかどうかはまだわからない。

おそらく、だけれど、底上げする会社としない会社に二分されてゆくだろう。

きっちりと生産性を高めて儲けられる会社は底上げをするだろうし、惰性のビジネスしかできていない会社は底上げができないだろう。

 

働き方改革は、儲けられる会社とそうでない会社の峻別をすすめる。

 

働く私たちは今まで以上に、会社との付き合い方をシビアに考えていかないといけないだろう。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)