読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

会社の業績はいいのに給与が増えないなら100円の本を読もう

本の紹介 自己啓発 人事制度

経済3団体の新年祝賀会で、安倍首相が賃金アップをお願いするという、ある意味非常事態になっています。

政府が民間企業の給与水準に口を出すなんてまるで戦時中の賃金統制令のようです。賃金統制令は、逆に給与をあげられないようにして年齢給を徹底させたわけですが、いずれにせよ、公が民に口を出すのはおかしい。

しかし、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの五十嵐敬喜(たかのぶ)さんも1月7日のワールドビジネスサテライトでおっしゃってましたが、景気を良くするためには紙幣をたくさん刷るよりも、消費が増えなければいけません。

消費を増やすためには、安心して消費ができなければいけない。

先行きに希望があり、給与が増えるという条件が必要です。

 

先行き希望は何となくアベノミクスで創られましたが、消費税増税もあるし、2014年は不透明です。だからこそ、給与を増やさなくてはいけないのですが、企業側の視点に立てばこれはとても厳しい。

 

そこで、少しでも給与を増やすためにサラリーマンとしてなにができるのか、ということをわかりやすく整理してみました。

たとえ会社全体の給与水準があがらなくても、これを守ればあなたは年収1000万円を実現できる!という内容です。

 

 

キンドルなどの電子書籍オンリーですが、気軽にサクサク読める内容になっています。

ちなみに値段はなんと100円!

 

中身はイラストもたくさんあります。こんな感じ。

f:id:hirayasuy:20140108105903p:plain

会社の業績は上がっているのに給与は現状維持、なんてこともあります。

となれば何をすべきか?

年収1000万円以上を目指すための、4つのハードルのクリア方法を、会話形式で書いていたりします。

f:id:hirayasuy:20140108105844p:plain

 

ぜひ一度読んでみてください。

ってか100円って安すぎる気もするんですけどね……

 

 

追記:ちなみに今回の出版は、エリエスブックコンサルティング企画、インプレスコミュニケーションズから発行の、新しいレーベルです。初回刊行は全6冊。

詳細はぜひこちらからご確認ください!

https://www.facebook.com/impress.QuickBooks/app_216924904991602

 

エリエスブックコンサルティングの土井英司さんからのメッセージはこちら。

 

「通常なら1000円以上するコンテンツ、しかも動物たちと著者との
 楽しい会話を通じてラクラク学べる、これまでにない本作り。

 まだトライアルではありますが、これまでの電子書籍の常識を覆す、
 斬新なコンセプトになったと自負しております。

 新しい時代の電子書籍のヒントとして、ぜひご覧いただければ幸いです。」

 

◆初回ラインナップ すべて特別価格(希望小売価格):100 円

1.『山田真哉の世界一受けたい簿記3級の授業』

 著者:山田真哉

2.『カール教授が女子高生にハーバードのビジネス理論を説明してみた』
 著者:平野敦士カール

3.『関谷英里子の交渉で使えるビジネス英語 初級編』
 著者:関谷英里子

4.『年収 1000万になる方法知ってるんだが、なにか質問ある?』
 著者:平康慶浩

5.『【閲覧注意】100 倍株の見つけ方』
 著者:岩松正記

6.『「自己PR」で「自分アピール」しちゃダメなんだ!』
 著者:土井英司



 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)