あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

今後の日経スタイル執筆予定

style.nikkei.com

 

毎度の日経スタイルなんですが、4月23日に更新されていました。

 

一応平成最後の更新ですが、特にそれについて何か言及しているわけでもありません。

そして令和最初の更新は、5月13日に予定しています。

 

で、そこからしばらく、こんな感じで続けてみようかと。

 

【出世のカラクリ 令和元年度連載再構成(案)】

58.出世の速度は上司が出世した年令でわかる(これが5月13日に更新)

59.楽な出世がない時代に、偉くなるか楽しく過ごすか

60.60才再雇用の仕組みでわかる会社のダイバーシティ

61.令和時代には感覚の違う親の助言は聞かないほうが良い

62.共働き前提で家庭を築くための会社の選び方

62.昇給と賞与以外の報酬制度を見極める

63.面談を使って上司をマネジメントする

 

個人的な感覚ですが、令和時代に強調されるのは次のようなことかなぁ、と思っています。

 

・世代間の生き方の違い

 (じーちゃんの常識を孫が引き継ぐととんでもなくなるとか)

・将来に対する期待の増加

 (課題解決ではなく、今ないものを作ろうとする動き)

・それでも残る保守安定派とそれ以外との分断

 (トランプが台頭するみたいなことが、会社でも起きるかなぁと)

 

 

のんびりと書いていきます。

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)