あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

コロナショックがもたらす企業人事をどう乗り越えるか

コロナショックの中、リストラについて書いている記事が増えています。

中でもこの記事とか面白いです。

president.jp

リストラに対抗する手段を3つ記していて、その視点が面白い。

特に3つ目はなるほど、と思わせるのでぜひご一読を。 

(ちなみに著者の方とは面識はありません)。

  

 

さて、リストラについての言説が目立ちますが、企業側もそこまで一足飛びには決断しません。

リストラ、すなわち整理解雇を決断するまでにできることがいくつかあるからです。

そのことについて、日経スタイルに書きました。

 

style.nikkei.com

 

前編なので、解決策まではまだ書いていません。

 

ただ、伝えたいのは「経営者の視点で考えること」です。

 

コロナショックだ、リストラだ、と危機感を感じるのは重要ですし、実際にそのような状況に陥ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

けれども大半の方は企業に雇用され続けます。

そんな中でどんな行動をとるべきか。

 

危機的状況だからこそ、冷静に考えてほしいと思います。

昨年日経スタイルで書いたこのあたりの記事もぜひ参考にしてほしいと思います。

style.nikkei.com

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)