あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

2017年の新卒意識調査

公益財団法人 日本生産性本部が毎年、新入社員教育プログラムに参加した人たちを対象にアンケートをとっている。

「いまどきの若者」の行動が大きく変わるわけではないだろうけれど、それでも傾向は読み取れるかも、と思いながら毎年確認している。

 

と言いつつ、5月に発表されたその結果を見るのを忘れていたので、さっき見てみた。

 

時代を感じるなぁ、と思うのは例えば以下の様な点。

 

・外国人が上司になっても別に気にしない(日本語が通じるなら) 88.8%

・条件の良い会社があれば転職する 36.2%

・残業するより自分の時間を持ちたい 74.0%

・在宅勤務とか転勤しなくてよい会社とか興味ある 53.9%(両社の合算)

 

この調査、わりと具体的な質問もしていて、その答えを見るのもなかなか楽しい。

 

たとえば

「上司も加わったミーティングの席で、すばらしいアイデアを思いつきましたが、すぐ上の先輩と意見が対立しそうです。このときあなたは……」

 

1.先輩の顔をたてて黙ってる

2.自分の意見をはっきり言う

 

のどちらを選びますか?という質問とかがある。

これに対して、2.意見言います! が63.1%で多数派。

けれども2000年あたりでの回答では、71.3%の人が2を選んでいるので、今年の新卒は少しばかり、先輩の顔を立てようとしてるのかも?

 

また

 

「職場の人たちから職場の飲み会に誘われました。同時に友人からも同日の飲み会の誘いがありました。どちらを選びますか?」

 

という質問には、職場の飲み会を選ぶ、というのが83.2%。

ちなみに2000年時点ではなんと57.5%の人しか選んでいない。

25ポイントの変化は時代の変化と言ってもよさそう。

 

あれ、でも飲み会、来るの?会社の飲み会って嫌なことなんじゃなかったっけ。

 

またこんな質問も。

「上司から会社のためにはなるが、自分の良心に反する手段で仕事を進めるように指示されました。このときあなたは……」

 

1.指示通りにする

2.指示に従わない

3.わからない

 

では、1を選んだ社畜候補が39.1%。3を選んだ優柔不断な人が47.8%。

指示に従わない人は13.1%しかいない。

まあこの回答傾向は時代が変わっても同じようなので、人はそういうものかもしれない。

 

他にもいろいろと面白い質問があるので、興味のある人は自分で下記のリンクからpdfを見てみてほしい。

公益財団法人日本生産性本部 - 2017年度 新入社員 春の意識調査(訂正版)

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)