あしたの人事の話をしよう

人事コンサルタント 平康慶浩(ひらやすよしひろ)のブログです。これからの人事の仕組みについて提言したり、人事の仕組みを作る立場から見た、仕組みの乗りこなし方を書いています。

まじめな話と、雑感(よしなしごと)とがまじっているので、 カテゴリー別に読んでいただいた方が良いかもしれません。 検索エンジンから来られた方で、目当ての記事が見当たらない場合 左下の検索窓をご活用ください。

リモートワークに合わせて評価制度を変えなければいけない

今回の日経スタイルに書いた内容は、普段よりは経営者寄りのお話です。

 

style.nikkei.com

 

日経スタイルはどちらかといえば働くビジネスパーソンにとって役立つ内容を紹介しています。

 

しかしリモートワークによる人事制度への影響は、まず経営側が変わることのニーズを記さなくては説明ができませんでした。

だから今回は、経営側による信頼感の構築について記しています。

 

実際にはこの先は、二つの選択肢があります。

 

① 信頼感の情勢を前提として既存制度を運用していく

 

② より成果軸にあわせた人事評価制度に変革していく

 

このうち②はいろいろな影響が大きいのです。

詳細は5月28日のHRカンファレンスでお話ししますが、たとえば以下のような点が重要です。

 

・管理職一人あたりのマネジメント人数

・社長から現場までの組織階層数

・チームとして求める成果と個人として求める成果の整合性

 

jinjibu.jp

 

HRカンファレンスの定員はもう超過してしまっていますが、5月28日より後に段階では、弊社として実施するセミナー(場合によってはウェビナー)でもご紹介してゆきます。

 

ぜひこの非常事態を生き残り、再成長の軌道に乗せてまいりましょう。

 

 

 

平康慶浩(ひらやすよしひろ)